mi:memo*                   ~MC 森 いづみの blog*~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SIGGボトル

TokyoでSIGGも買いました
☆SIGG☆image

MCのお仕事で飲み物持ち運ぶので、
ストロータイプで飲めるボトルを探していたので、
かわぃぃSIGGボトルに出会えて嬉しかった~

☆SIGGのUP☆image

私はお仕事の時に『カワィィボトルで飲み物を飲みたい」という発想から
このSIGGボトルを手に取ったのですが、
SIGGボトルは
機能性と地球環境への配慮の点で世界中から信頼されているアルミボトル
地球環境を守る一歩になります

(以下、引用させていただきます)
環境先進国ドイツでは2003年1月から
ペットボトルやアルミ缶に対するディポジット制が法令されました。
これにより消費者は、1.5L未満のペットボトル飲料には25ユーロ(約35円)、
1.5Lには50ユーロ(約70円)の貯託金を支払うようになりました。
それまで比較的リサイクルが容易だったガラス瓶だけでなく、
ペットボトルや缶といったワンウェイ容器にもディポジット制を導入することで
ゴミの量を減らし、より循環型の社会にしようとする試みが
国をあげて始まったわけです。
これに対して日本の現状はどうでしょう?
便利なペットボトルの生産量は年々増え続けているにもかかわらず、
2001年のリサイクル率は約40%に過ぎません。
ペットボトル、アルミスチール缶、ガラス瓶、その他包装容器が占めるゴミの割合は、
ゴミ全体の約60%も言われています。
ペットボトルが大量に出回り、それを手に取って飲んでしまう暮らしのあり方を
見直す時期に来ています。
自分の飲み物を詰めたマイボトルを持って出掛けませんか?


便利さに負けてついついペットボトル買っちゃいます
数回に一回でもマイボトルに変えることから始めようかなっと想います。
小さな一歩でも出来ることから少しずつ
チリも積もれば・・・
継続は力なり
SIGG(シグ)キッズライセンス リリフィー 0.4L 10600SIGG(シグ)キッズライセンス リリフィー 0.4L 10600
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。