mi:memo*                   ~MC 森 いづみの blog*~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

未来予想図!?①

れくらい先までの夢を描いていますか?

1年後?5年後?10年後?
なかには、今はちっとも夢を描けないっていう方もいらっしゃいますよね。

常々、夢を大きく、そして長いスパーンで描きたいと想っています。
            (&ちょっとした夢もいっぱい見ながら。)

(常々と言っても、最近常々想うだけで。
今まで書いてきた通り、今まで描きたくても描けない時期や
漠然としたものしかない時期だらけでしたょ。)

とはいえ、
1年後、5年後、10年後…と描いたところで、
「人生80年」というし、
ありったけの夢を絞り出しても、
どうにか60歳とか70歳とか、
まぁ100までくらいしか頭の中に想像できません。
想像してみても、もうその辺になってくるとかなり想像しがたい域です。
自分が100歳とか…絶句。ポカーン。

そんな私にショックを与えた考え方。

斉藤一人さんの「人生200歳説」

斉藤さんが小さい頃には、「人生50年」と言われていたのが、
今では、80歳、90歳、なかには100歳という人もいる。
目の前で、50年が100年になっているんだから、
100年が200年にならないとはいえない。
「人生80年」だと40歳を過ぎると折り返し地点と考えてしまう。
でも「人生200年」だと、あと150年も残っている。
「あと生きられるのも何年か」と考えて、ガツガツ生きるより、
あと150年あると想っているほうが、楽しいに決まっている。

「人生50年」と言われた時代に「100まで生きる」と言って笑われていた人が、
今100歳以上になっている。
その昔「空を飛びたい」と願った人の想いが、飛行機をつくり、
人間は空を飛べるようになった。

今の常識は明日には通用しない。
未来型思考でいかなければならない。


という説。

確かに200まで生きると想ったら、
まだまだ何でもできそうです。
(ただ200ってどんな老い方をしているのか分からないので、
やっぱり想像しがたいですけど。)
「長生きしない」と否定的に生きるより、
「長生きする」と生きるほうが、
生き方が広がります。


この年齢だからここまでしか出来ない…というのはないはず!
思い立ったが吉日!!

と想っていたはずなのに。

200かぁぁぁ。想定外でした。
そう想うと年齢を意識して夢を制限しているところがあるかもなぁ…って想いました。
年を重ねたからこそ出来る夢の叶え方や
自分なりの夢の叶え方を模索すればいいので、
年齢で夢を制限したらダメだなって想いました。

肯定的に、前向きに、Go

*******************

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックお願いしますbanner_04.gif

*******************
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。